エクステリアでできることとは|環境の良し悪しは工事で決まる

住宅

義務がある

案内

原状復帰は、賃貸人と賃借人の契約が終了した際に、行わなければならない義務です。原状復帰を行う場合は、賃貸人が費用を負担する場合と、賃借人が費用を負担する場合があります。原状復帰のためには、原状回復工事を行います。工事では、内装の解体や外装のリフォームなどが必要な場合があります。原状復帰をどちらが負担するかについては、「建設省のガイドライン」でルールが決められています。このルールによって、頻発していた原状復帰に関するトラブルを避けることができるようになっています。原状復帰では、原状復帰について明確に決められています。また、誰が費用を負担すべきかについても明確にされています。更に、建物の経過年数によってどれくらい建物の価値が自然に減少したとするか、また、原状回復の単位に付いても定められています。基本的には、普通の生活をしていれば、賃借人が支払うことはありません。普通の使い方を超えた際は、賃借人が費用を負担することになります。

老朽化による建物の価値の減少は、賃貸人が支払うことになります。負担になりますので、古い箇所はなるべく修繕しておくと良いでしょう。業者によっては安く済む可能性がありますし、劣化した箇所を修繕することで後から負担する費用を発生させることがなくなります。ただ、故意に破損させてしまった場合のみ多額のお金がかかってしまいますので、そこら辺を注意しておけば問題はないと思って良いでしょう。