エクステリアでできることとは|環境の良し悪しは工事で決まる

住宅

方法をご紹介

一軒家

賃貸契約が切れる際は、賃借人は、賃貸人に原状復帰した部屋を返す義務があります。原状復帰の際は、原状回復工事によって、工事やリフォームが必要になります。原状復帰にはいくつかの方法があります。原状復帰をするには、店舗として利用される場合と、事務所として利用されていた場合によって異なります。店舗として利用されていた場合は、店舗に必要な設備が設置されていることが一般的です。また、外部には看板のなども必要になります。これらを取り壊し、解体、撤去する必要があります。事務所として利用する際は、壁紙の張替えやクリーニングで簡単に済むこともあります。原状復帰工事では、内装解体工事が行われます。内装解体工事は、文字通り、内装のしきりや諸造作を解体し、撤去することをいいます。解体専門の業者に依頼することが一般的です。また、原状回復工事では、スケルトン仕上げが行われます。これは、店舗に利用されていた場合によく行われます。新しいテナントが、新設の内装や設備機器を導入するために行う工事のことをいいます。スケルトンと言われるように、建物の構造体のみを残す工事です。

構造体以外の部分は全て解体します。床、壁、配線などを入居時の状態に回復します。原状回復工事では、さまざまなゴミが発生します。このゴミは、通常の処理方法ではなく、廃棄物処理をする必要があります。廃棄物処理には、専門業者を利用することが必要です。自分で廃棄することや、悪徳業者による不法投棄の問題が起こることもあるので、注意が必要になります。解体工事ででた廃材や廃棄物を処理します。