エクステリアでできることとは|環境の良し悪しは工事で決まる

住宅

賃貸物件の場合

実施者

購入できる物件には、新築物件と中古物件があります。新築物件は、新しいというだけで付加価値を持ちます。しかし、物件数の多さからは、中古物件のほうが有利だということができます。中古物件は、目的に合わせた物件を探せることができる一方で、デメリットもあります。具体的には、中古物件は、老朽化が早いことです。賃貸として利用する際は、老朽化は大きな問題になることがあります。安い費用で購入できた一方で、リフォームなどに大きな費用がかかることがあるためです。不動産を賃貸として利用する際は、大きく二つに分けることができます。一つは、個人の住居として提供するものです。個人が、生活するために、家としての役割をします。もう一つは、テナントに店舗やオフィスとして提供する場合です。商業利用のために、必要な設備などを提供することもあります。しかし、商業利用する際は、許可が必要であるため、住宅地の不動産を利用することはできません。

賃貸物件を貸す側のことを賃貸人といいます。一方、賃貸物件を借りる人のことを賃借人といいます。問題は、原状復帰の際の、原状回復工事に伴う費用に関するものです。原状回復工事の費用を、賃貸人と賃借人のどちらが負担するかによって、トラブルになるケースが頻発しています。理由としては、賃借人は、契約については、素人であるためほとんど把握していないためです。また、退去時のことを契約時に注意することは非常に難しいためでもあります。トラブルを避けるためにも、賃貸人も、契約時に明確に原状復帰に関する説明をしている必要があります。また、賃借人も、契約書によく目を通すように心がける必要があるといえます。原状復帰のトラブルを避けるために、「建設省のガイドライン」が定められています。